2019年1月14日

新着仲介物件(売地・岡崎市石原町)のご紹介です

山林に囲まれ、近くに川が流れる長閑で風光明媚な環境、岡崎市石原町(旧額田郡額田町)から売地が出ました。数十年前、売主様がこの土地でモーテル(平家12棟)を建てられ営業していた物件です。

廃墟と化した建物は、今では為す術もなく物置小屋として利用できるかどうかの代物。旧額田郡の時代、この辺りは都市計画区域外に属し、額田町の承認さえ下りれば殆ど何でも建てられる地域でしたが、岡崎市に編入されてからは市街化調整区域に所属が変わり、その規制上今では逆に思うように建築できない地域になってしまいました。

従いまして、今回の12棟は、建築制限のなかった頃の名残りと云って差し支えない代物でありましょうか。珍しい売物かと存じ上げます。

差し当って、倉庫等や資材置場等としてのご利用になろうかと推察致しますが、使い勝手はまだまだ有りそうな様相。百聞は一見にしかず。ご興味をもたれた方は、是非一度ご見学をお勧め致します。